オリジナル CD・DVD の印刷なら もえ CD プレス! 100 万枚突破!低価格・短納期・高品質!

よくある質問

よくある質問

【Q】 発注フォームからの申し込みは入稿日当日でも良いですか? また、申し込み後のキャンセルはどうなりますか?
【A】 発注申し込みはご入稿予定日の1週間以上前がベストです。 なお、ご入稿予定日前日と当日の発注申し込みはトラブルの元になりやすいので、 ご発注をお断りする場合もございます。ご了承下さい。 キャンセルは営業時間内にお電話、またはメールでご連絡ください。
【Q】 一度プレスした作品を再プレスした場合、料金は安くなりますか?
【A】 原則なりません。
【Q】 100枚など少ない枚数でもプレスできるんでしょうか?
【A】 100枚以上であればお受けしております。 またWEB上に記載されていない枚数の料金はご相談下さい。
【Q】 一括払いは難しいのですが・・・・分割払いはできますか?
【A】 当サービスは全額前払いのみとさせて頂いております。
【Q】 イベント会場へ、納品してもらうことはできますか?
【A】 「コミックマーケット(夏コミ・冬コミ)」、「博麗神社例大祭」、「M3」のみ直接搬入を受け付けています。 そのほかのイベントについては宅配搬入が可能です。詳しくは発注時の備考欄にてお書き添え下さい。
【Q】 トールケースセットでの分納が3ヶ所あるのですが、いくらになりますか? 自宅に100枚、東京に600枚、大阪に300枚を予定しています。
はい、まずトールケースの場合、一箱に100枚入りますので、 1000枚ですと10箱になります。 弊社のサービスといたしまして、国内1ヶ所を送料無料とさせていただいております。 また、分納先には1箱につき、1,500円いただいておりますので、詳しくは発注時の備考欄にてお書き添え下さい。
【Q】 オフセット印刷・シルク印刷について違いがわからないのですが、サンプルはありますか?
【A】 ご説明しますのでお問い合わせフォームよりご連絡ください。
【Q】 Photoshopのレーベルテンプレートと、 Illustratorのレーベルテンプレート。 データの仕上がりに違いがありますか?
【A】 はい、Photoshopと Illustrator では、仕上がりに若干の違いが出ます。 Photoshopのデータは、小さな四角いドットの組み合わせで構成されているので、 どうしても文字などの曲線部分、ガタつきが出てしまいます。 特にシルク印刷はクッキリハッキリとラインを見せるデザインであるため、Photoshopでデータを作成すると、ドットのガタつき、筆圧感知で描画された画像の色ムラなど、 細かい部分でクォリティの低下をまねくおそれがあります。
《印刷方法と、それに適したツール》 ・オフセット印刷(白ベタなし)・・・Photoshop Illustrator ・オフセット印刷(白ベタあり)・・・Photoshop Illustrator ・オフセット印刷(白ベタあり)(変形ヌキあり)・・・Illustrator ・シルク印刷(白ベタなし)・・・Illustrator ・シルク印刷(白ベタあり)・・・Illustrator ・シルク印刷(白ベタあり)(変形ヌキあり)・・・Illustrator
【Q】 銀盤にしたい部分があるのですが、どうすれば良いのですか?
【A】 銀盤にする部分には、オフセット印刷・シルク印刷を問わず、DIC651を配置して下さい。 データ上で無地の部分は”銀盤(抜き)”扱いにはならず、”白ベタ”扱いになります。 ご注意下さい。 DIC651が配置してある場合、その部分が”銀盤(抜き)”扱いになりますが、 それ以外の銀色系の色を配置した場合は、”銀盤(抜き)”扱いになりません。 また”銀盤(抜き)”を意図しない場合でもDIC651が配置されていた場合、 銀盤(抜き)”扱いになってしまいます。 その場合の責は弊社にございませんので、ご了承下さい。 なおPhotshopのみで作成されたデータの銀盤表現はお断りしています。ご了承ください。 どうしても表現したい場合はお問い合わせ下さい。
【Q】プレスとコピーの違いは何でしょうか? また、オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いは何でしょうか?
【A】 プレスとは、原盤(スタンパーと呼ばれる金型)を作製し、それを元にして大量生産を行なう製造方法です。 スタンパーは細かな凹凸(ビット)があり、これにプラスチックを流し込んだのがCDやDVDなどです。基本的に音楽CDや映画などのDVDはプレスで作られています。 例えば、スタンパーに凸があれば、流し込んだCD部分は凹になります。 イメージとしては、「イモ版」で同じデザインを大量に印刷するのに似ているかも知れません。 最終的にこの凹凸がプレイヤーなどのレーザーによって反射し、断続的な1と0のデジタル信号(情報)となって読み取る事になります。 このスタンパーを作る工程が高度な設備と技術が必要ですが、一度作ってしまえば破損しない限り何度も同じ品質の製品を作る事が可能です。ですから、1枚目と100枚目のデータの違いは有り得ません。数万枚でも安定した品質と生産能力があるのが特徴です。 これは各工場がRED BOOK規格(音楽など=CD-DA)やYELLOW BOOK規格(データ=CD-ROM)に準拠している為、品質面でもほぼ共通のものが出来上がります。 但し、工場(国)によっては基準値が若干違う場合(規格範囲内の誤差)もありますし、その機械によって微妙に違いが生じる可能性もあります。同じ工場内でも機械のラインの違いで変わる可能性も有り得ます。しかし、いずれも規格範囲内です。 スタンパー作製の際、マスターはCDにはCD-R、DVDはDVD-R、DLTなどが使われます。 大量に低コストで作るには最適ですが、小ロットの際でも高価なスタンパーを作らなければならず、最低でもその時間が掛かります。 コピーとは、CD-RやDVD-Rメディアを使用して、PCなどのドライブからレーザーによって1枚1枚ディスクに直接情報を書き込んでいく製造方法です。 一般的に家庭でCD-Rなどを「焼く」という表現をしますが、文字通りレーザーで焼き付けた状態となります。メディアによっては焼かれた跡が変色しますので、分かりやすいと思います。 イメージとしては、「手書き」で1枚1枚書き込むのに似ているかも知れません。 この製造方法のメリットは、小ロット・多品種の製造(オンデマンド)に適しており、納期も必要枚数だけで良いので、200枚以内の小ロットの場合ロスが少なくなります。 デメリットとしては、RED BOOK規格(音楽など=CD-DA)やYELLOW BOOK規格(データ=CD-ROM)に準拠していない為、経年劣化が起こりやすく、盤面印刷もプレスより劣ります。 (本来、discロゴは付けてはいけない品質です。) 当然規格をクリアしていないので、再生など対応出来ない機種が出ますし、ライティングソフトやドライブの影響を受けやすく、品質面で不安があります。 また、ドライブのレーザー送受光も劣化している場合、焼きミスが起こる可能性があります。 市販品として販売するにはお勧め出来ません。 また、プレスとコピーの比較としては、生産時間が大きく違います。 プレスはスタンパーを作るまでは時間が掛かるので最初の1日で1枚も作れない時もありますが、その後はライン次第で1時間に盤面印刷まで含めた完成品が数百枚~数千枚と生産可能です。 コピーは数分もあれば1枚を作れますが、数百枚、数千枚となると手間やコストはプレスの比ではありません。 ジャケットなどの印刷物のオフセット印刷とオンデマンド印刷(便宜上、オンデマンドと言いますが、トナー印刷)の違いもプレスとコピーの関係に近いです。 オフセット印刷はフィルム製版(プレスで言えばスタンパー)が必要ですが、オンデマンド印刷は不要(即印刷可)です。 オフセット印刷は大量印刷向けですが、オンデマンド印刷で大量印刷すると、コストと時間が掛かりすぎます。 オフセット印刷は印刷が綺麗ですが、オンデマンド印刷はかなり落ちます。
【Q】 IllustratorCS(2・3・4)で、入稿データを作成したのですが、大丈夫でしょうか?
【A】 現在、当社で対応出来るバージョンは、 レーベルデータ、ジャケットデータともにIllustrator CCまでですが、 データ保存の際は製作したバージョンで保存してください。 但し、Illustrator CSシリーズの新機能を利用していた作製したデータを、 改めてバージョンを落として保存した場合、 好ましくない形で無理に変換される場合や、 使用した機能の一部が無効になることがあります。 特殊な効果は一部表現出来ない可能性がございますので、 必ず見本JPG画像を一緒にご入稿下さい。
【Q】 アダルトコンテンツについてのガイドラインはありますか?
【A】 スムーズに商品を製造する為、海外プレス、国内プレス、コピーサービス、印刷サービスを問わず、 アダルトコンテンツを含むと思われる作品はオーダーシートとともに ・誓約書をご提出下さい。 海外プレスは・誓約書と併せて ・自主審査申請確認書を同時にご提出下さい。 ・著作権所持者の意向に沿わない作品の制作はお控えください。 弊社の修正基準はコミックマーケット等の即売会とほぼ同じです。 こちらでお受けできないと判断した場合は、修正依頼または印刷、今後の発注をお断りさせて頂きます。 これによって生じる納期遅れやすべてのトラブルにつきまして、弊社では一切の責任を負いかねます。 作品内容については必ず業者任せにせず自主的に判断してください。 ご入稿前に問題が無いか各自必ずご確認下さい。 ○アダルトコンテンツ作品のジャケット表紙(または裏、バックインレイなど)には、制作した会社(サークルや個人)名、 連絡先(住所や電話番号、 またはHPアドレスやメールアドレスなど制作者と連絡が取れる情報)を明記して下さい。 なお、必須ではありませんが、発行(頒布)日や印刷会社名も明記する事を推奨致します。 ※責任の所在が明確でない場合、(問題があるが為に)故意に責任所在を隠したと判断される可能性があります。 余計なトラブルを回避出来る可能性が高くなりますので、当社では必須とさせて頂きます。 ○コンテンツ内の映像、画像、CGなどに「性器や結合部分の露骨な描写」がある場合、適切な修正、削除をお願いします。 ○「性器や結合部分の露骨な描写」に該当する映像、画像、CGなどに適切な修正、削除が行えない場合、プレスやコピーをお断りする場合があります。 ————————————– 海外プレスの場合、【関税法69条11項】に抵触するものは入稿しないで下さい。 【関税法69条11項】(輸入してはならない貨物) 7.公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品 (次号に掲げる貨物に該当するものを除く。) 8.児童ポルノ (児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律第2条第3項(定義)に規定する児童ポルノをいう。) 9.特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品 (http://www.houko.com/00/01/S29/061.HTM#s6) 海外プレスの際に適用されるコンテンツは特にご注意ください。 著作権についても含まれます。 抵触した場合、国内に入荷出来ず廃棄処分になる可能性があります。 その際、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。 また、製造代金とは別に廃棄手続き費用の請求を行う場合もあります。 当社の方針としては、お客様の表現活動の支援を第一に考えておりますので、 表現の「場」を守る為にも、皆様のご理解とご協力をお願い致します。
【Q】 マスターは返却可能でしょうか?
【A】 可能です。「発注フォーム」の備考欄にお書き下さい。 返却料金は5,000円です。 最初のご発注時に返却の有無を確認しておりますが、その際に不要な場合はスタンパー作製後廃棄しますので、後から返却を希望してもご返却出来ません。ご了承ください。通常、3ヶ月程度でご返却しております。
【Q】 音楽CDをプレスしたいのですが、74分以上のデータは大丈夫でしょうか?
【A】 今までプレスされたお客様では問題はございませんでした。が、保証や推奨はしていません。エラーや不備が出ても弊社では一切責任を負えません。
【Q】 提出用マスターデータの事ですが、市販の書き込みソフトを使用して、 書き込みしたCD-Rを提出用マスターデータとして出すのは大丈夫でしょうか? それとも、音源はディスクアットワンスされた状態ではないといけないのでしょうか?
【A】 ライティングソフトの種類は問題なく、ディスクアットワンスで書き込めば殆ど大丈夫です。 (稀にスタンパー作成時に、目に見えないデータの欠損により作成出来ない場合を除く) 逆に言えば、必ずディスクアットワンスで書き込んで下さい。 また書き込み時は、信頼性が高いCD-R(国内ブランド推奨)を使って低速で焼いていただき、 コンペアやベリファイを行い、 必ず書き込んだCD-Rで再生して動作確認を行ってください。 (焼きミスや、記録面の汚れやキズにお気をつけ下さい。) また、CD-RWはマスターデータとして使用出来ません。(関連事項1・関連事項2) ※最近トラックアットワンスのマスターデータ入稿が多発しております。 必ず書き込み方法をディスクアットワンスにして下さい。(注意事項PDF文書をお読み下さい) ご協力宜しくお願い致します。 フリーのライティングソフトでディスクアットワンスが出来るソフト→DeepBurner (必ず取り扱い説明をご確認下さい。同ソフトでエラーなど発生しても、弊社はいかなる責も負いません。)
【Q】 郵送でなく、ネットで受付できないでしょうか?
【A】 Webからお送りいただく事も可能です。マスターがデータCD,DVDの場合のみ、マスターは郵送ください。 webからデータを送る際はギガファイル便などを使用してデータをまとめてお送りください。
【Q】オンライン入稿の際に注意することはありますか?
【A】 オンライン入稿の際、よく見受けられるトラブルを上げておきます。 ・圧縮されていない(データが壊れる可能性があります) ⇒ 必ずデータは圧縮して下さい。(ZIP形式推奨。Macはsit形式のみ。) ・データ保存名と品番が違う(他のデータと間違える可能性があります) ⇒ データ保存名は品番(半角英数12文字以内)と一緒にして下さい。 ・メール添付方法が正しくない(データ容量・圧縮等) ⇒ メール添付の場合、圧縮データ容量8MB以下でお送り下さい。 <容量が大きい場合は”宅ふぁいる便”なども可> ・サーバーアップでのデータ受渡し(メールアドレス・URLの入力間違い) ⇒ サーバーアップ等で受渡しされる際はアドレス入力にご注意下さい。 ・用件なしでデータだけを送られる(連絡不備、何のデータなのか分からない) ⇒データを送られる際は、必ず氏名・品番・用件をご記入下さい。 ・出力見本画像の添付忘れ ⇒ 出力見本はjpgに書き出したデータを一緒にご入稿ください。 (オンラインでの出力見本は、あくまで入稿データの確認用に使います。 これは入稿データが間違いないデータかチェックする為に使いますので、色見本としては使用しません。)
【Q】 マスターデータ入稿の際に注意することはありますか ?
各メディアは大変衝撃に弱いので、マスターご入稿時にはメディアに傷がつかない様、 緩衝材などを入れていただき、搬送中のトラブルが無い様にご注意下さい。 搬送中のトラブルによる各種データの破損にはその責を負いかねますので、 マスターデータ等は必ずバックアップをお願い致します。 尚、(レーベル、ジャケット)出力見本は必ずトンボを残した状態のカラーでお送り下さい。 グレースケールでプリントアウトするのはお止め下さい。 またジャケットデータは必ず裁ち落とし(ドブ)までお作り下さい。 ”メール便”による事故・遅配が多発しております。 ”メール便”でのご入稿はお止め下さい。 マスターデータ類はきわめて貴重品であるため、かならず受け渡しにサインが必要な発送手段でお願い致します。 (メール便等、ポストに投函されるだけの発送方法は禁止しております。) 弊社では発送物の事故・遅配による納期やデータの補償は致しておりません。ご了承下さい。 ご入稿後にお客様レーベルデータに問題があった場合、 納品予定日のお約束出来ませんので、ご了承下さい。 またご入稿頂くデータのファイル名は、 ご提出して頂くオーダーシートの「品番」でお願いします。 各種データは必ず開けるかどうか確認して送付して下さい。 (焼きミスなどにより弊社で開けない場合は、再送して頂くことになります。) 尚、レーベルデータの場合、 メール添付(8MB以下の場合)や ”ファイル受け渡しサービス”でのご入稿も受け付けております。 特に初めて当サービスをご利用のお客様や、初めてレーベルデザインをされたお客様は、 マスターデータより先(1日以上前)にメール添付などでレーベルデータをお送り頂くと、 修正が必要な場合などにご連絡出来、納期への影響が少なくなります。 また、海外プレスの場合に重要な点として、 盤面には必ず「タイトル」または「品番」のいずれかを配置して下さい。 通関では「タイトル」「品番」のいずれかの文字情報で製品を判断致します。 これらが無い場合、通関で止められる可能性があります。 画像のみのデザインはお受け出来ません。ご了承下さい。 (コピー、国内プレスは特に問題ございません。)
【Q】 発注時に必要な「品番」とは何のことでしょうか?
【A】 品番とはディスクの裏面に小さく印字される生産管理上の識別番号です。 この品番はお客様に自由に決めて頂けます。 ※半角英数字(”a~z”、”0~9″、”-“(ハイフン)、 “/”(スラッシュ)、 “.”(ドット)の文字の組み合わせ。12字以内程度)がディスクの裏面に小さく印字されます。 よくある例としては「moe050525」など、タイトルと日付の組み合わせがあります。 ※品番・ファイル名には「かな」や「漢字」を使用なさらない様お願い致します。

タイトルとURLをコピーしました